保険選び/保険の見直し,節約,保険ラボ

あなたの家計は大丈夫? 家計における保険料のバランスを考える

支払える保険料は、年収によって違ってきます。
平均的な収入や、家庭で支払っている保険料の平均を目にする機会がありますが、こうした平均的な数字を鵜呑みにして、「これくらいの保険料ならうちでも支払える」とは考えないようにしましょう。
家庭の年収の5パーセントから10パーセント以下の保険料にしておくことを念頭に入れ、年にどれくらいの保険料を支払えるのか、あくまでも自分の家庭に当てはめて検討しなければいけません。

 

月収が30万円なら、月々の保険料は1万5000円か3万円がベストな保険料ということになります。
それ以外は貯蓄に回し、いざというときのために備えておきましょう。
そして、月収が減少したら、その分保険料も減額する必要が出てきます。
今のご時世では、月収が減ることはあっても、上がることはそう期待できるものではありません。
貯蓄が減っていく可能性も大いにあり得ます。

 

予定利率がいいときに加入した保険があるときには、すぐに解約をしてしまうと損をしますから、慎重にならなければいけませんが、それ以外の保険なら、家計に見合った保険料に変更する必要が高くなります。
家計のバランスで考えると、食費やレジャーにお金をかけすぎている家庭が多く見られます。
小さな子どもがいる3人家族で食費が5万円を超えていたり、レジャーにかけるお金が月に3万円を超えているお家庭は、もっと節約したほうがいいでしょう。

 

保険料を減らすよりも、日々の生活で節約すべき部分がたくさんあるはずですから、収支のバランスを見直し、併せて保険料と保障内容を見直すようにしましょう。

 

 


 

 

 

 

 

何の為の保険ですか? あなたの人生に必要ですか?

先行き不安…ただ漠然とそう思っているだけではダメです。
保険は人生に必要なものですが、家計を圧迫しているのも事実。賢い保険選び、保険の見直しすることで不安は解決できます。
何の為に保険に入るのか?保険の必要性?もう一度保険を見直すことであなたに必要な保険が見えてきます。

 

 

「保険はお守りみたいな物」とよく言いますが、必要以上のお守りを持つ必要はありません。
いくつもお守りを持ってる人って居ないですよね (^^;
持っていても2つくらいですかね。

 

保険も同じです。
家計を圧迫してまでいくつも保険に入る必要はありません。
「もしものときの保険」です

よっぽどの心配性の方ならたくさん保険に加入してもいいですが、生活を切り詰めてまで保険料を払うというのはどうでしょう…

 

その分人生をより楽しく過ごしたほうがいいのでは(^^)v
人生の節目のタイミングで考えるのが保険です。

 

節目、節目で改めて保険を見直すことが節約のポイントになります。

 

 

生命保険の選び方なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ

 

相談者の96%が満足する保険相談

保険はいつになっても複雑で難しい…
本当に必要なものなのか疑問に思うこともあります。
収入が減っていく中で保険費用は出来るだけ少なくしたいものですが、保険は難しいとそのままになっていませんか?
全国のFPがあなたの相談に無料でのってくれます。

クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談